『深谷ねぎまつり』というものがあったらしい〜2017〜

2017年01月30日

昨日無事に終了しました。
定休日の今日、お借りしていた備品を返却し、お世話になった皆さまへ挨拶を済ませ、パンチャの片付けを横目に見ています。

今年も会場である瀧宮神社は沢山の人、沢山の笑顔、素敵なねぎの薫りで埋め尽くされました。
ご来場いただいた皆様、出店者の皆様、ご協力いただいた沢山の皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました!

昨晩は少々お酒などをいただきながら、一緒に作り上げてくれた実行委員の仲間、当日お手伝いしてくださったボランティアさんと楽しい時間を過ごさせていただきました。
一人一人の顔、打ち上げに参加出来なかった仲間の顔をぼんやりと眺め、浮かべながら…凄い人達だなぁ。。。と、少しうるうるとしてしまいました。僕ら実行委員会は有志の集まりです。それぞれの仕事の合間に、片手間では出来ない事を自発的にやってくれる頼れる人達。
僕が下手くそながらやっていたラグビーのように、例えば小さい人は敏捷に動くポジションに、力のある人は押しまくるポジションに、寡黙に踏ん張るのが得意な人、一点突破が得意な人、自分を殺してパスをつなぐ人、次の一歩のために自分がぶつかり道を開けてくれる人…本当にそれぞれがそれぞれに魅力のある仲間なんです。
僕はと言えば揉まれる猫じゃらしのように、その仲間やご協力いただいた皆様、そして深谷ねぎの大きな存在に優しく揉まれ、ふにふにふにふにふにふにと、気が付けば高い場所へと昇らせていただいているようなもんです。不甲斐ない。
高いところから足元が見えないことが無いように気をつけねばと思っています。どうぞ叱って下さいね。

今回の開催が5回目でした。
深谷ねぎまつりは“第何回”と銘を打たないようにしています。それは、何百年も続くお祭りがいちいち回数を冠しないのにあやかってのこと。まずは百年。
とは言え、5回。ちょっとした節目だと感じております。
楽しく準備をしようとは心がけているのですが、そりゃーもう大変なんですよ。まぁ、僕以外のメンバーのことですが。
その労力や時間を、一日だけのイベントに費やすのもどうかなぁ?…と考えてるんです。

ここからは、僕の個人的な夢のお話。
僕はイベント屋じゃありません。あくまでも貧乏飲食店の店主。一日のイベント出店は軽いラッキーパンチ程度のもの。
僕がずっとやりたいと考えていることは…
【1月〜2月は深谷“が”ねぎまつり】
飲食店の出店が日常の営業に繋がるのが理想なんです。イベントで好評な作品を出しても普段のお店が暇じゃ意味が不充分。
深谷ねぎが美味しいと言われる一ヶ月、もしくは二ヶ月の間、深谷の飲食店さんに『深谷ねぎ料理の美味しいお店』としてエントリーしていただき、<深谷ねぎ料理MAP>を作成。
その期間は深谷に行けば美味しい深谷ねぎ料理が食べられる…そんな季節、そんな町にしたいんですよね。
飲食店さんからよく言われるんです。「参加したいけど来てくれるお客様をがっかりさせるから店しめてまでイベントに参加なんて出来ないんだよねぇ。」と。
市役所さんからよく聞くんです。「深谷ねぎを食べたい。って問い合わせがよく入るんですけど、どこのお店を紹介したら良いものか…」と。
今年は泊りがけで深谷ねぎまつりにご来場くださった方も多数いたそうなんです。その人達は、前夜祭あるいは打ち上げとして深谷のお店で美味しいねぎ料理を食べたいらしいんです。
一日だけのイベントに参加しなくてもいいと思うんです。
一日だけのイベントの為に特別メニューで参加するのもいいと思うんです。
両方参加してみても勿論いいと思うんです。
そんな中から新しい深谷の名物が生まれたら楽しいじゃないですか!
B級グルメやご当地メニューって難しいんですよ。料理を限定しちゃうと関係ないジャンルの飲食店さんが増えちゃいますから。食材様まででストップしておけば、アレンジは無限大なんですよね。
僕らの小さな力じゃ実現出来ないかもしれないし、色々な人に甘えさせてもらわなければ出来ないかもしれない。
でも、この夢を目標に変えられるタイミングには近づきつつあると感じてるんですよね。
そのために色々な人と話がしたいんです。
まずは若手農家さん。
去年のねぎまつりでのねぎの消費量は一日で5トンほど。今年はもっと多かったのかな?
僕は作った料理を美味しそうに食べてくれている顔を見られることが原動力。その幹となるのは良い食材様。
農家さんだって、自分の作った野菜がこんな料理に!ってなったら励みになるんじゃないでしょうか。単純に消費量が増えれば喜んでもらえるんじゃないだろうか。
だから、【1月〜2月は深谷“が”ねぎまつり】が僕個人の深谷ねぎまつり実行委員会のメンバーとしての夢であり目標に変えようとしていること。仲間の同意は取ってないですけどね(笑)
もっと色々とあるのだけれど…最近野菜ジャーナリストの素敵な女性に教わった「深谷ねぎのテロワール的ブランディング」とかね。
まぁ、出来ることを確実にコツコツと。
始めることって実は簡単。続けるってのが大事だったり大変だったりする。
続けるコツは<楽しむ>のが確実。
とりあえず、しばらくは負担ばかりかけた実行委員のメンバーに負担ではなく布団をかけてあげたい。まだ事務処理や来年に向けてのことが山積みですが。本当によく頑張ってくれたんです。
ありがと♡

来年も沢山の笑顔とねぎの薫りに包まれますように。
ぐらっちぇ♪×∞


posted by ボス・パンチャ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

1/29(日)は『深谷ねぎまつり』

2017年01月24日

今回で5回目。
なんだかんだと一年中気にかけ、夏が終われば準備に入る。
たった一日のイベントを忘れられない一日にするために多くの時間をかける。
ついにその日が迫ってきました。

“深谷ねぎを食べにきて下さい”


「深谷ねぎ」を通して『食』への感謝の気持ちを共有し、またさまざまな表現方法によりさらなる「深谷ねぎ」の魅力を広くアピールしよう!というコンセプトのもとに一般市民が集ってつくったお祭りが「深谷ねぎまつり」です。
●深谷ねぎの奉納(瀧宮神社本殿・関係者のみ)
●祈祷したねぎ「福ねぎ」の無料配布(13:00〜数量限定)
●深谷カルソッツ(泥ねぎ一本焼き/有料)
●深谷ねぎのつかみ取り
●ねぎ料理を中心とした飲食物の販売(有料)
●深谷ねぎ料理選手権(来場者の投票数で優勝者を決定)
●各種物販(有料)
01.jpg02.jpg
posted by ボス・パンチャ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

乳母車

2017年01月22日

子供たちを乗せて散歩していた乳母車。
ベビーカーじゃなくて乳母車。
「最近のベビーカーは軽くて怖い」と、孫の世話をするために母親が特注したもの。
パンチャはおじ様率が高いのに、何故か乳母車を置いた途端お子さん連れが増えた(笑)
凄くかわいい♡
赤ちゃんが店内に居るってだけで空気がやわらかくなる。
飲食店での赤ちゃんの泣き声云々の記事等をたまに見かける。
僕は赤ちゃんの泣き声を微笑ましく思えるくらいの世の中がいいなぁ…と思う。
泣かずに育った人は居ないだろうし。
今日の赤ちゃんは泣かず愚図らずすやすやすぅ〜〜〜。。。
ゆったぁ〜りした時間を過ごしてもらうのもレストランの役目。
ちょっと泣き声が響いちゃったらゴメンなさいね。
KIMG0803.JPGKIMG0821.JPG

posted by ボス・パンチャ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

明日(1/22日)12時オープンです

2017年01月21日

12時スタートの大きい団体さんのご予約をいただいております。
その団体さんのお料理を出してからのオープンにしますので、いつもより30分遅い正午からのスタートになります。
当然残ったお席も限られてしまいますし、駐車場も少々埋まり気味ではございますが営業します。
そして来週はいよいよ『深谷ねぎまつり』なんですよねー☆
posted by ボス・パンチャ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

冬の「Hotなお酒」始めました

2017年01月17日

2種類ほど。

【Hotワイン】
<赤or白のホットワインに蜂蜜+シナモン+レモンで風味づけ>
僕は「風邪かな?」なんて思った時に飲んだりもします。ワイン初心者にもオススメな飲みやすさ。
蜂蜜が苦手。シナモンが苦手。レモンが苦手。…そんな人にはナシにも出来ますよ。
温まるんですよねー。
パスタとの相性も抜群です。

【深谷ねぎ酒】
<深谷の地酒を燗で。焼いて干した深谷ねぎが“ヒレ酒”のような味わい。>
どんな食事にも合う唯一のお酒って日本酒だと思います。
よく「お魚には白いワインを合わせてぇ〜」なんて聞きますが、お刺身が食べられない僕から言わせれば生魚にワインなんてもんは生臭さを際立たせるだけですよ。
有難いことに、深谷には良い酒蔵があるんですよねぇ。

いずれにしても呑んだら乗るな。楽しく綺麗に吞みましょう。
下品な呑み方をするお客様は嫌いです。それを我慢するのが商売だ…なんて思っていません。
おつまみ出さずにつまみ出しちゃうかもしれませんよ(笑)


posted by ボス・パンチャ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

学生スタッフさん募集中です!

2017年01月15日

う〜ん…今回かなり苦戦中。。。
他の飲食店さんも現役スタッフさんの卒業シーズン。
最近、飲食のバイトって学生さんに人気ないみたいですねぇ。
食いしん坊の僕は飛びついちゃうんだけどなぁ。
春まで踏ん張って、4月の新入生待ちしたほうがいいのかなぁ?
どなたか楽しい食いしん坊が居たら紹介してくださいねー☆彡

学生さんで興味のある方、お気軽にお問い合わせください。
TEL 048-575-2535
posted by ボス・パンチャ at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

ネギロック…チケットあります!

2017年01月14日

KIMG0801.JPG
とりあえず1月中はキープしておけます。
欲しい人はお声掛けください。

深谷市民文化会館の大ホールのステージに入るにはこのチケットが必要とのこと。
2,000円のうちの500円は当日の会場や当日までの指定店舗で利用出来るとのこと。
↓↓↓*(指定店舗については問い合わせてください)*↓↓↓

つ・ま・り・・・・
1,500円で<佐藤タイジ&THE COLLECTORS&GOING UNDER GROUND, and more…が楽しめちゃうってことです♪
コレね…
滅茶苦茶お得ですよ。
今月中はパンチャにチケット預かっておきますからねー。

posted by ボス・パンチャ at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

お年玉冷凍ミカン配り終わりました

2017年01月10日

KIMG0798.JPG
今年は粒を小さくし数が増えたのでなかなか減りませんでしたが…日曜日の営業で配り終えました。
寒い中の冷たいプレゼントですが、遊び心いっぱいに描かれた顔に毎年お客様の顔もほころびます。
飲食店にとって“美味しい”は当たり前のスタートライン以前の話。
お客様が思わずニヤりとしてしまうお店にしていきたいなぁ。。。と。
そんな新学期初日でした。
明日から給食があるのかな?
長期休明けのママさん。3食のご飯頑張りましたよね。凄いことですよ、それって。
ご褒美にパンチャでランチなんていかがでしょうか?
posted by ボス・パンチャ at 13:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

新成人の皆様おめでとうございます

2017年01月08日

明日は成人の日。
深谷市では式典が今日おこなわれていたためSNSに素敵な写真がいっぱいです。
今年成人式を迎えた皆さんが生まれたのは1996年。
昨年末解散したSMAPから森君が脱退した年みたいですね。ちなみに僕は森君と同学年です。
僕はと言えば、滅多にならない肩凝りに悩まされ、しっかりオジサンを自覚しております。コブの無いほうの肩です。

良い日本、良い世界を作ってくだ。。。いや、そんな大袈裟なことはお願い出来ませんね。僕も出来ないから(笑)
一緒に良い日本、良い世界になるように願い続けましょうね。願いはきっと叶うらしいです。
大人は子供の頃に思っていたより全然大人じゃないから…安心して仲間入りしてくださいね。


posted by ボス・パンチャ at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

お弁当を作ると「ひまわり弁当」が食べたくなる

2017年01月07日

2017年初のお弁当のご予約。オリーブ関係の繋がりからのお声がけ。
KIMG0792.JPG
●チキンのハーブロースト玉ねぎ添え
●にんじんパスタもどき
●ブロッコリーのアンチョビ風味
●深谷もやしの伊風ナムル
●赤ちゃん椎茸マリネ
●パンツァネッラ
●赤大根のマリネ
●深谷ねぎピクルス
●緑オリーブと鶏肉の炊き込みご飯
●ミックスベリーのパンナコッタ

X'mas前から続いた年末年始の慌ただしさも、このお弁当のご予約を終えて一段落。
皆さんも、正月ボケを振り切るスイッチを押した頃ですかね?
今日は七草粥の日なので恒例の“七草パスタ”もご用意しました。
まだ<パンチャ初め>がお済で無い方々…早く遊びに来てくださいねー♪

嗚呼、ひまわりさんのふっかちゃん弁当が食べたいなぁ。。。

posted by ボス・パンチャ at 18:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記
ページTOPへ