深谷ねぎジェラート登場!!

2017年02月05日

深谷ねぎまつりのご縁で、千葉県市川市にある『魁ジェラート』さんからお取り寄せ!
ねぎまつり当日売り切れで食べられなかった人も、???と思った人も是非ご来店ください。
●ピスタチオ
●苺のミルフィーユ
●深谷ねぎ
他の黒板ジェラート等と組み合わせて2種類でオーダーしてください。
深谷ねぎジェラートは、優しいジェラートの甘みを深谷ねぎがスッキリとさせる抜群のバランスです!
ネギジェラート.jpg
魁ジェラートさんの店主さん…元はハンドバッグ職人になりたくてフィレンツェで修業していたんだそうです。その時に食べたジェラートが美味しくて、アイスクリーム屋さんへの道へとハンドルを切ったんだってさ。
素敵♪♪
今でも一生懸命働いてお金が貯まるとすぐにイタリアへ遊びに行っちゃうらしいです!羨ましいっ!!
posted by ボス・パンチャ at 11:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

明日は5の日、ランチde丼☆

2017年02月04日

深谷牛100%ミートソースが仕込めましたので久々の丼が出せます!
『5の日ランチ限定2色丼』
深谷牛ミートソースと鶏肉のトマトソースを乗せた2色丼。
地養卵の温玉もとろ〜りです♪
だいたい10食くらいで売り切れです。大盛りが出過ぎちゃうともっと少ないです。
日曜日は夜の営業はお休みです。お昼のうちにお出掛けくださいね。
2shoku 005.jpg

posted by ボス・パンチャ at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

福ちゃんも鬼さんも寄っといで

2017年02月02日

明日は節分。
おすすめパスタを3種類とも深谷産大豆のパスタにしようと思い、コトコトと煮込んでおります。
KIMG0836.JPG
【緑】(オイル系パスタ)…「鶏肉・大豆・玉ねぎのパスタ」
【白】(クリーム系パスタ)…「大豆とベーコンのカレークリーム」
【赤】(トマト系パスタ)…「大豆とセロリのアラビアータ」

コレで行こうかな。たぶん、コレ。
豆嫌いな人はレギュラーパスタ食べてね。ミートソースも復活したし、深谷もやしもやっと買えた!
洋食屋ですが、日本の風習は大好き。でも、恵方巻のゴリ押し感は嫌い。
年の数ほど大豆を入れちゃうとお腹パンパンになっちゃうからほどほどに入れますね。
ランチタイムはそこそこ忙しいのですが、ディナータイムは困ってます。
鬼でも福でもいいのでお越しくださいね。
posted by ボス・パンチャ at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

深谷牛100%ミートソース復活ですっ!

2017年02月01日

今回長めにお待たせしちゃいましたね。ごめんなさい。
パンチャのミートソースは上乗せノスタルジック・スタイルではなく、パスタにしっかり絡めてのご提供。
どこから食べても美味しいです♡
これを地粉オリーブ生パスタで…大胆に口いっぱいに頬張ってムぐムぐした日にゃぁ〜…嗚呼、食べたい。。。
KIMG0833.JPG
posted by ボス・パンチャ at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

深谷ねぎまつりde深谷ナポリタン

2017年01月31日

早々に完売してしまい申し訳ございませんでした…な、「深谷ナポリタン」
毎回持って行く1.5倍は確実に売れると見込んでいるのですが、実行委員長なもんで。。。自分のブースだけに留まることも出来ないのでね。毎回途中で売り切れちゃうくらいしか用意出来ないんです。沢山の残念な顔に申し訳ない気分でいっぱいでした。
早く自分以外のスタッフで作れるようにしたいんですけどねぇ。。。最近の坊ちゃん達はシュッとしてて格好良いのですが非力で(笑)ずっと腕相撲してるようなもんですからね、鉄板ナポリタンは。
今年は特に嬉しいお声掛けを沢山いただけました♪
「毎年楽しみにしてるんですよー!」
「去年も食べましたー。」
「変えないで来年もナポリタンやってねー。」
「宿場まつりでも毎回食べるんですよー!」
「作ってるのみてるの楽しいねー」
「毎回美味しさのレベル上がってないですか?」
「旨かったからもう一つ買いにきたよ」
「留守番してるもんに買ってきてくれって言われたんだよ。」
「深谷ねぎポタージュは今年やらないの?」なんて人も居ました。
などなどなどなど。
…本当に沢山のナポリタン愛を感じました!!!
ナポリタン・オレンジは幸せ色に間違いありませんねー☆
料理人って新しいものに挑戦したくなっちゃうし、そうじゃなきゃ駄目な部分もあるんですよね。
今回エントリーした料理は深谷ナポリタンを含め38品目。
年々料理のレベルが上がってきてます。
運営サイドとしても、料理人としても新しい料理で毎年飽きさせない魅力を発信し続けなきゃなぁ。。。と、思う反面、嬉しいお声掛けのようにその味を求めて来てくださる方が多いことも心に刻まなきゃだなぁ…なんて思いました。
う〜ん、難しい。
その他のパンチャの品目は…
根深汁…完売でした。個人的にはコレ本当に大好き。パスタが体力的にきつくなったらコレの定食屋にしようかな(笑)
HOTワイン…断然“赤”が人気でした。白も旨いんですけどねー。温まるワインは外イベントで好評ですね。
深谷ねぎ酒…好評でしたねー。これイケると思います!だれか干しねぎ工場で作りませんか?
熊笹茶焼酎…「ねぎらい」という深谷ねぎ焼酎を使用したのですが、1杯も出ませんでした(笑)
「深谷ナポリタン 深谷ねぎ増し増し」でエントリーした深谷ねぎ料理選手権の結果は9位。去年より順位を落としてしまいましたが、投票してくれた皆様本当にありがとうございました!
これからも、色々なイベントを幸せ色のナポリタン・オレンジに染めに行きますね!
KIMG0831.JPG
…っていうか、パンチャのお店でも食べられるんですよ。しかもお店でしか味わえない“地粉オリーブ生パスタ”で。もっちもちで頬張って食べると旨いんですからー。この時期チーズがとろ〜りな焼きパスタにしても最高ですよ♡
1万人は超えたであろうイベントを無事終えて、少しホッとした実行委員長のお店はね…今日のご来店…昼夜合わせて…
…2人だけでした!(笑)
明日からまた頑張ります!!!!!

深谷牛100%ミートソースも仕込めましたよー☆
posted by ボス・パンチャ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

『深谷ねぎまつり』というものがあったらしい〜2017〜

2017年01月30日

昨日無事に終了しました。
定休日の今日、お借りしていた備品を返却し、お世話になった皆さまへ挨拶を済ませ、パンチャの片付けを横目に見ています。

今年も会場である瀧宮神社は沢山の人、沢山の笑顔、素敵なねぎの薫りで埋め尽くされました。
ご来場いただいた皆様、出店者の皆様、ご協力いただいた沢山の皆様に感謝いたします。
本当にありがとうございました!

昨晩は少々お酒などをいただきながら、一緒に作り上げてくれた実行委員の仲間、当日お手伝いしてくださったボランティアさんと楽しい時間を過ごさせていただきました。
一人一人の顔、打ち上げに参加出来なかった仲間の顔をぼんやりと眺め、浮かべながら…凄い人達だなぁ。。。と、少しうるうるとしてしまいました。僕ら実行委員会は有志の集まりです。それぞれの仕事の合間に、片手間では出来ない事を自発的にやってくれる頼れる人達。
僕が下手くそながらやっていたラグビーのように、例えば小さい人は敏捷に動くポジションに、力のある人は押しまくるポジションに、寡黙に踏ん張るのが得意な人、一点突破が得意な人、自分を殺してパスをつなぐ人、次の一歩のために自分がぶつかり道を開けてくれる人…本当にそれぞれがそれぞれに魅力のある仲間なんです。
僕はと言えば揉まれる猫じゃらしのように、その仲間やご協力いただいた皆様、そして深谷ねぎの大きな存在に優しく揉まれ、ふにふにふにふにふにふにと、気が付けば高い場所へと昇らせていただいているようなもんです。不甲斐ない。
高いところから足元が見えないことが無いように気をつけねばと思っています。どうぞ叱って下さいね。

今回の開催が5回目でした。
深谷ねぎまつりは“第何回”と銘を打たないようにしています。それは、何百年も続くお祭りがいちいち回数を冠しないのにあやかってのこと。まずは百年。
とは言え、5回。ちょっとした節目だと感じております。
楽しく準備をしようとは心がけているのですが、そりゃーもう大変なんですよ。まぁ、僕以外のメンバーのことですが。
その労力や時間を、一日だけのイベントに費やすのもどうかなぁ?…と考えてるんです。

ここからは、僕の個人的な夢のお話。
僕はイベント屋じゃありません。あくまでも貧乏飲食店の店主。一日のイベント出店は軽いラッキーパンチ程度のもの。
僕がずっとやりたいと考えていることは…
【1月〜2月は深谷“が”ねぎまつり】
飲食店の出店が日常の営業に繋がるのが理想なんです。イベントで好評な作品を出しても普段のお店が暇じゃ意味が不充分。
深谷ねぎが美味しいと言われる一ヶ月、もしくは二ヶ月の間、深谷の飲食店さんに『深谷ねぎ料理の美味しいお店』としてエントリーしていただき、<深谷ねぎ料理MAP>を作成。
その期間は深谷に行けば美味しい深谷ねぎ料理が食べられる…そんな季節、そんな町にしたいんですよね。
飲食店さんからよく言われるんです。「参加したいけど来てくれるお客様をがっかりさせるから店しめてまでイベントに参加なんて出来ないんだよねぇ。」と。
市役所さんからよく聞くんです。「深谷ねぎを食べたい。って問い合わせがよく入るんですけど、どこのお店を紹介したら良いものか…」と。
今年は泊りがけで深谷ねぎまつりにご来場くださった方も多数いたそうなんです。その人達は、前夜祭あるいは打ち上げとして深谷のお店で美味しいねぎ料理を食べたいらしいんです。
一日だけのイベントに参加しなくてもいいと思うんです。
一日だけのイベントの為に特別メニューで参加するのもいいと思うんです。
両方参加してみても勿論いいと思うんです。
そんな中から新しい深谷の名物が生まれたら楽しいじゃないですか!
B級グルメやご当地メニューって難しいんですよ。料理を限定しちゃうと関係ないジャンルの飲食店さんが増えちゃいますから。食材様まででストップしておけば、アレンジは無限大なんですよね。
僕らの小さな力じゃ実現出来ないかもしれないし、色々な人に甘えさせてもらわなければ出来ないかもしれない。
でも、この夢を目標に変えられるタイミングには近づきつつあると感じてるんですよね。
そのために色々な人と話がしたいんです。
まずは若手農家さん。
去年のねぎまつりでのねぎの消費量は一日で5トンほど。今年はもっと多かったのかな?
僕は作った料理を美味しそうに食べてくれている顔を見られることが原動力。その幹となるのは良い食材様。
農家さんだって、自分の作った野菜がこんな料理に!ってなったら励みになるんじゃないでしょうか。単純に消費量が増えれば喜んでもらえるんじゃないだろうか。
だから、【1月〜2月は深谷“が”ねぎまつり】が僕個人の深谷ねぎまつり実行委員会のメンバーとしての夢であり目標に変えようとしていること。仲間の同意は取ってないですけどね(笑)
もっと色々とあるのだけれど…最近野菜ジャーナリストの素敵な女性に教わった「深谷ねぎのテロワール的ブランディング」とかね。
まぁ、出来ることを確実にコツコツと。
始めることって実は簡単。続けるってのが大事だったり大変だったりする。
続けるコツは<楽しむ>のが確実。
とりあえず、しばらくは負担ばかりかけた実行委員のメンバーに負担ではなく布団をかけてあげたい。まだ事務処理や来年に向けてのことが山積みですが。本当によく頑張ってくれたんです。
ありがと♡

来年も沢山の笑顔とねぎの薫りに包まれますように。
ぐらっちぇ♪×∞


posted by ボス・パンチャ at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

1/29(日)は『深谷ねぎまつり』

2017年01月24日

今回で5回目。
なんだかんだと一年中気にかけ、夏が終われば準備に入る。
たった一日のイベントを忘れられない一日にするために多くの時間をかける。
ついにその日が迫ってきました。

“深谷ねぎを食べにきて下さい”


「深谷ねぎ」を通して『食』への感謝の気持ちを共有し、またさまざまな表現方法によりさらなる「深谷ねぎ」の魅力を広くアピールしよう!というコンセプトのもとに一般市民が集ってつくったお祭りが「深谷ねぎまつり」です。
●深谷ねぎの奉納(瀧宮神社本殿・関係者のみ)
●祈祷したねぎ「福ねぎ」の無料配布(13:00〜数量限定)
●深谷カルソッツ(泥ねぎ一本焼き/有料)
●深谷ねぎのつかみ取り
●ねぎ料理を中心とした飲食物の販売(有料)
●深谷ねぎ料理選手権(来場者の投票数で優勝者を決定)
●各種物販(有料)
01.jpg02.jpg
posted by ボス・パンチャ at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

乳母車

2017年01月22日

子供たちを乗せて散歩していた乳母車。
ベビーカーじゃなくて乳母車。
「最近のベビーカーは軽くて怖い」と、孫の世話をするために母親が特注したもの。
パンチャはおじ様率が高いのに、何故か乳母車を置いた途端お子さん連れが増えた(笑)
凄くかわいい♡
赤ちゃんが店内に居るってだけで空気がやわらかくなる。
飲食店での赤ちゃんの泣き声云々の記事等をたまに見かける。
僕は赤ちゃんの泣き声を微笑ましく思えるくらいの世の中がいいなぁ…と思う。
泣かずに育った人は居ないだろうし。
今日の赤ちゃんは泣かず愚図らずすやすやすぅ〜〜〜。。。
ゆったぁ〜りした時間を過ごしてもらうのもレストランの役目。
ちょっと泣き声が響いちゃったらゴメンなさいね。
KIMG0803.JPGKIMG0821.JPG

posted by ボス・パンチャ at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

明日(1/22日)12時オープンです

2017年01月21日

12時スタートの大きい団体さんのご予約をいただいております。
その団体さんのお料理を出してからのオープンにしますので、いつもより30分遅い正午からのスタートになります。
当然残ったお席も限られてしまいますし、駐車場も少々埋まり気味ではございますが営業します。
そして来週はいよいよ『深谷ねぎまつり』なんですよねー☆
posted by ボス・パンチャ at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記

冬の「Hotなお酒」始めました

2017年01月17日

2種類ほど。

【Hotワイン】
<赤or白のホットワインに蜂蜜+シナモン+レモンで風味づけ>
僕は「風邪かな?」なんて思った時に飲んだりもします。ワイン初心者にもオススメな飲みやすさ。
蜂蜜が苦手。シナモンが苦手。レモンが苦手。…そんな人にはナシにも出来ますよ。
温まるんですよねー。
パスタとの相性も抜群です。

【深谷ねぎ酒】
<深谷の地酒を燗で。焼いて干した深谷ねぎが“ヒレ酒”のような味わい。>
どんな食事にも合う唯一のお酒って日本酒だと思います。
よく「お魚には白いワインを合わせてぇ〜」なんて聞きますが、お刺身が食べられない僕から言わせれば生魚にワインなんてもんは生臭さを際立たせるだけですよ。
有難いことに、深谷には良い酒蔵があるんですよねぇ。

いずれにしても呑んだら乗るな。楽しく綺麗に吞みましょう。
下品な呑み方をするお客様は嫌いです。それを我慢するのが商売だ…なんて思っていません。
おつまみ出さずにつまみ出しちゃうかもしれませんよ(笑)


posted by ボス・パンチャ at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記
ページTOPへ