全国ネギサミットin大井競馬場

2016年11月28日

御神輿のときを除いて、あまり出掛けることのない僕。
ちょっと遠出のイベントはワクワクと楽しいものである。まして大型バスでの2往復。旅行会社の息子としては大好物。
KIMG0568.JPG
肉フェスと同時開催のネギサミット。
肉フェスの販売価格は驚くほど高い。失礼だが料理のレベルはそれに見合っていないと思った。
深谷市が取り仕切る深谷ねぎブースは他のブースより元気だったように感じた。
先ず、それぞれの人が元気である。
そして、煮ぼうとう研究会さんや富士屋さん、パンチャのように“料理”として深谷ねぎをPRすることに長けていた。
他のブースは、完成された商品の販売&試食であったり、葱を少々焼いて提供するだけであったり、食のイベントなのに胃袋を刺激するような魅力に欠けていた気がする。
イベントの性質上仕方ないのかもしれないのだが、市の職員さんやJAの職員さんや生産者さんの出店がほとんど。ライブ感たっぷりに現地調理し美味しそうな湯気をたて続ける深谷ねぎブースは常に行列を作っていたのは当然の結果だったように思える。
我々商人は売れなければ仕方ない。PRが出来ればOKな方々とは気合の入れ方も違うのだ。
元気なのでTVクルーも当然長い時間足を留める。PRのほうも負けはしない。
心強い仲間、深谷ねぎまつり実行委員会&Jr.たちの販売スキルも素晴らしかった。
早々に自分達の商品は完売し、売れ残っていた同じブースの他出店者さんの商品まで完売させる。同じブース…なんなら同じ会場の出店者さんはライバルであり仲間。沢山売れて欲しいもの。実行委員の連中、いつもありがとね♡
商売人としての反省が2つ。
販売量と販売価格。
東京のあれほど良い出店状況であれば、価格設定を上げても倍の量が売れたと思う。
高い肉フェスも行列が出来てたもんなぁ。。。まぁ田舎者の良さもある。販売価格は丁度良かったのだと思う。
販売量は本当に反省。初日は18時まで、2日目は20時半までの販売時間のチャンスをいただきながらも両日14時頃には完売。
長い出店時間の中には売れなくなる時間も訪れ、14時頃が潮時ではあるのだが…まぁ勿体なかったなぁ。
体力的には限界の販売数なんですけどね。食材様を捨てちゃうようなロスは嫌だけど、もっと頑張らなきゃね。
2日目。夕方頃には曇りはじめ、日が暮れると冷たい雨。
完売だらけの深谷ねぎブースの状況をみて、市の職員さんはバスの帰りの時間を3時間ほど早めてくれました。体力的にもとても有難かった。
楽しい楽しい2日間。大井競馬場のB級グルメ的な食事も楽しめました♪
悔しいけど、僕ら個人レベルの深谷ねぎまつりにはあれほどのイベントは仕切れない。深谷市役所さんのイベントスキルは本当に高いと思います!凄く疲れたでしょう?僕らはお陰で凄く楽しかったですよ!
ぐらっちぇ♪ぐらっちぇ♪ぐらっちぇ♪です!

さてさて、外イベント月間終了です。
今度はパンチャ・ピエーナを盛り上げなくては。
X'masのイベントもありますけどね…久々にやりたくなっちゃったイベントもあるんだよなぁ。
深谷ねぎまつりの準備の隙間を上手に使って実現できるかしら???
KIMG0575.JPGKIMG0583.JPGKIMG0581.JPGKIMG0580.JPGKIMG0586.JPGKIMG0574.JPG
今日は筋肉痛でパンパンです。
ずーーーっとアームレスリングしているようなもんなんです。
どうです?僕の腕…闘気を纏っているでしょう?(笑)
15183824_692739744215652_1368427399_o.jpg
posted by ボス・パンチャ at 12:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

 

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177839992
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
ページTOPへ