僕が生パスタに切り替えた理由

2016年06月09日

先ずは乾麺のお話しをしましょう。
KIMG2051.JPGKIMG2052.JPG
A:最初の写真の一番左。二枚目の写真の一番上。…これがパンチャオープン当初から使っている乾麺。表面はザラつき断面は楕円形。
B:両方の写真の真ん中の麺。…イベント出店での深谷ナポリタンを作る時の麺。表面はツルツル、断面は丸い。
C:最初の写真の一番右。二枚目の写真の一番下。…今回代用品として購入した麺。表面はザラつき断面は丸い。
Aはレギュラー。Bは2軍。Cは助っ人外人。…と言ったところ。
1998年のパンチャオープン前。東京の業者さんと相談しながら色々な乾麺を食べ比べ選んだのがAの乾麺。修業した店で使っていた麺と同じメーカーのパスタで、そのお店とは違う形ながら色々なソースとの相性が良かったのが決め手。
Bの麺は、イベントでの安価で大量に販売する目的として仕入れる。ナポリタンを作る場合、逆にこれくらいの麺のほうがノスタルジックに作れてしっくりくる。
今回代用品を購入することを良い機会だと思い、定休日の月曜日に旧深谷市のほぼ全てのスーパーと薬局を回ってみた。
さほど広くないこの町でも、ロングもショートも様々な乾麺が購入出来る。
値段の高いとか安いの話ではなく、それぞれの活かし方が楽しいのがパスタ作りの面白いところ。
皆さん色々な麺を食べ比べて楽しんでくださいね。

さて、ここからは僕の生パスタへの思い。
人によっては…特に直接顔を合わせてのお話しではなく字面だけの印象で“思い”が“重い”に変わってしまう怖さもあるのですが、ちょっと語らせてもらいますね。
難しい話がお嫌いな方は読むのはここまでで良いと思います。長くなるし。

僕が生パスタに切り替えた理由。。。
色々ありますが、一番大きな影響として「東日本大震災」があります。
3・11…賄いを食べていたあの時間。座っていたのに激しい眩暈でも起こったかのように店の内装が歪んで見えました。
不幸、、、と、一言で語るには足りな過ぎる出来事。
実際被災してしまった方には怒られてしまう程度の事なのですが、深谷の地で飲食業を営む僕が苦労したのはその少し後の事。
憶えていますか?計画停電と流通の麻痺。
停電に対しては「停電ナイト」という企画をたて、不便を楽しもう!そして不便なく使えていたことに感謝しよう。と、なんとか前向きに捉えられました。
有事の際の流通の脆弱さ。。。
これが生パスタ専門店に切り替えようと思った最大の切っ掛けです。
注文したパスタは入って来ない。。。他の食材様も。。。放射能も心配。。。
不安な日々が長く続きました。
そんな中でも、近くの食材様はなんの問題もなく仕入れられました。地産地消を目的とし、Fukaya-Italianoを目指し地元の農家さん達や近場の食材様を扱っている業者さんとも繋がれていたことが本当に心強かったです。
その中の一つに、埼玉県産小麦「ハナマンテン」があったのです。
震災前から限定食として用意していた生パスタ。それに可能性を感じました。
今回もそうです。数件押さえてある業者さんの全てからパンチャが使っている乾麺の在庫が切れています。そろそろ1ヶ月くらいですね。
大元の輸入業者が一緒なのでしょうか?そこまでは判りません。一度在庫が切れると…船便なんですかね?イタリアからの旅は長くなるでしょう。…待てません。
業者さんの在庫が切れるタイミングは判らないので在庫管理も難しいんですよね。そんなに余裕を持って仕入れられるほどお金も無いですし。
輸入食品というのは、円相場で値段が大きく変わるのも難しいところ。円安で一度価格が上がると、円高になっても値段は下がらないことが多いし。オープン当初から比べると仕入れ値が倍以上になったものも沢山。人件費や水道光熱費も値上げ。仕入れ値が倍になっても売値は倍に出来ない。それどころか、お客様の感覚の中に「食事はワンコイン」だなんて考えもチラホラ。飲食店仲間がみんな下を向いちゃう訳ですよ。
あ、愚痴が多くなっちゃいました。関係ないことまで。ごめんなさい。

震災で感じた“近さ”の有り難さ。これが一番の理由。

もう一つ。
最初の乾麺のところで書いたこと。「さほど広くないこの町でも、ロングもショートも様々な乾麺が購入出来る。」
そうなんです。乾麺なら家でも作れるんです。他のお店でも食べられるんです。
まぁ、パンチャの乾麺もマニアックなのであまり他の場所では食べられないのですが…
僕の地粉オリーブ生パスタは、世界中探してもパンチャでしか食べられないOnlyOneのパスタ。
お恥ずかしい話ですが…やっと最近仕上がりが安定してきました。逆に言うならば、一生高めていけるものなのだと良い意味に捉えています。そこが生パスタ…自家製の面白いところ。
「うどんみたいだね。」と言われます。…数えきれないほどの様々な種類のパスタがあるんです。うどんみたいなのもあるんです。
それでいーのだっ♪

僕個人の好みとしてはこの生パスタが大好き。
最近の悩みは、仕込みが大変過ぎて腱鞘炎が酷い事と、そんなに大変な思いをしてまで仕込んでも自分じゃお気に入りの生パスタが食べられないこと。
地粉オリーブ生パスタ専門店ではありますが無理強いはしません。乾麺もご用意しています。
乾麺にも愛情たっぷりですから。気が変わって乾麺だけのお店に戻る…なんてこともあるかもしれませんよ。未来は自分で作るものですが、なかなか予測が出来ないものですからね。
乾麺が品切れの良い機会だと思い、ちょっと長くなりましたが書かせていただきました。
長文にお付き合いいただいた皆様、ご苦労様でした。ぐらっちぇ♪ぐらっちぇ♪
明日にでも書きますって…日付跨いじゃってたね(笑)





posted by ボス・パンチャ at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | マスターの日記
ページTOPへ